年齢ペプチドで血管内部の酸化した脂汚れをスッキリ

血液のドロドロが気になる方は年齢ペプチドという手があります。

カルピスが開発した乳酸物質なのですが、年齢ペプチドをサプリで摂取するだけで運動による血管若返り効果と同じ作用を得ることができるんです。

運動すると知っている方もいるとおもいますが、心拍数が上がることで血流が速くなり血管内皮細胞に刺激が加わることで血液をメンテする一酸化窒素が放出されるようになります。

血管が硬く収縮して血液循環が悪くなっている人はこの一酸化窒素の量が圧倒的に不足してしまっているケースが多いです。

この一酸化窒素が不足してしまうと血管が硬く柔軟性が失われてしまうので血圧が高くなり動脈硬化の原因になります。

一酸化窒素は血管の中膜にある平滑筋に作用して筋肉を弛緩させる働きがあります。

平滑筋が弛緩すると血管が広がるので血流が良くなり血栓がつまりにくくなったり血圧が下がる効果が期待できます。

また一酸化窒素は血管内部の壁にできた傷を修復することでプラークの発生を抑制したり、血小板の働きを抑えることで血を固まりにくくして血栓を予防する効果があります。

これらの血管を健康にする効果を有酸素運動を定期的に行っていれば自然を働かせていることになります。

しかし普段運動をほとんどせずに通勤も電車とか車だったりして一日歩くことをほとんどしないという場合は中高年層の場合は血管の老化が始まっている危険があります。

また休日もほとんど家からでずに引きこもりがちで家でスマホやネット三昧でDVDや麻雀、囲碁が趣味というインドア派の方は運動する習慣を身につけましょうといってもなかなか難しいことだと思います。

またいやいやながら運動してもストレスが大きくなるので逆に健康被害をもたらしてしまう場合もあります。

なのでそういった人の場合は冒頭にお話ししたカルピスが開発した年齢ペプチドが配合されているしなやかケアのサプリの利用をおすすめします。

運動しなくても運動したのと同じ血管若返り効果が得られるので高血圧に悩んでいる高齢者にとっては強い味方になってくれると思います。

血管のアンチエイジングは健康寿命を伸ばすためには大切な事なのでぜひこの機会に年齢ペプチドの導入を検討してみましょう。食後高血糖対策は糖の吸収を穏やかにする

健康診断の結果ではHDLを気にしよう

総コレステロール値よりもむしろ善玉コレステロールの値が重要なのです。

健康診断の脂質代謝の数値を見るときは大体LDLコレステロールの値を気にする人が多いですが、善玉のHDLコレステロールにはそれほど注意を払っていない人が多いです。

しかし実は動脈硬化予防や脂質異常症予防で肝心なのはHDLコレステロールなのです。

ぶっちゃけ悪玉コレステロールのLDLの数値が少々基準値をオーバーしていてもHDLの値が高ければ問題ないのです。

たとえばLDLが160と結構高めの場合でもHDLが80を超えていれば動脈硬化はそれほど進行しないことが分かっています。

それを判断するのはLH比という値を基にしています。

上記の場合だとLH比が2.0以下になるので動脈硬化の判断基準となる2.0を超えていないので大丈夫と判断できるわけですね。

このLH比は最近脂質異常を判断する数値として医療現場で注目が集まっている指標です。

LH比が2.0を超えてしまうと動脈硬化が始まりだし、血管が硬くなり始めている可能性があります。

そして2.5を超えると動脈硬化がかなり進行してしまっている可能性が高く血栓が詰まるリスクを心配する必要があります。

しかも他に糖尿病や高血圧などの生活習慣病の持病を持っている人はLH比の判断基準が健常者と比べるとシビアになり1.5以下が理想とされています。

このくらいの数値になってくるともはやLDLコレステロールを減らすだけではとても追いつかないので生活習慣を改善してHDLを増やす努力をする必要があります。

HDLは運動することで簡単に増やすことが出来ます。

血中のHDLコレステロールが増えるとLDLを回収して肝臓に運んでくれるので血管内部の酸化してべっとり壁にこびりついてしまった脂汚れを除去してクリーンな状態に改善してくれます。

それによって血液循環が改善されて、スムーズに血液が流れるようになるので血圧が下がり動脈硬化を改善することができます。食後高血糖の予防に効果のある食事療法

年齢ペプチドで血管を若返らせて健康的に

脂質代謝の数値が悪くて動脈硬化が気になる方には年齢ペプチドがおすすめです。

動脈硬化が悪化してしまうと血管がプラークによってでこぼこになってしまい中々元の状態に戻すのは難しくなります。

血流が悪くなるだけでなく血管自体が非常に脆くなってしまっているので細い血管が破れやすく脳卒中などの突然死のリスクがとても高まります。

その場合は食事の改善と併用して年齢ペプチドサプリの摂取が効果的です。

カルピス乳酸から偶然発見されたペプチドで血管を若返らせる効果があることが判明して機能性成分として健康サプリなどへの商品化が始まっています。

年齢ペプチドはアミノ酸の一種になります。

一般的には血管を健康に保つには運動や食事による健康管理が不可欠ですが、それを補助してくれる画期的な商品になります。

血管をしなやかに健康に保つには肥満を改善して脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンのアディポネクチンを増やすことが効果的です。

またウォーキングや水泳などの有酸素運動をするこことで心拍数を上げて体内に血管を巡る血流を速めてその刺激によって内皮細胞を活性化して血管のメンテナンス物質である一酸化窒素の量を増やしてあげるという方法があります。

一酸化窒素は血管壁の中膜にある血管の収縮を行う平滑筋に作用して血管自体を広げる効果があります。

それによって今まで狭かった内腔が広がり血液の通り道が広くなるので血流の改善効果があります。

しかし忙しい現代社会に生きる私たちにとって毎日運動する時間を30分とか1時間確保するのはとてもハードルが高いと言えます。

よほど精神的に強くないと動脈硬化が改善するまで続けることはかなり難しいと思います。

また車や電車などの現代の恩恵を捨てて昔の人たちみたいな活動量を目指すと言うのも現実的ではありませんしそんな無理をしたところで長続きするとも思えません。

なんにしても精神的に辛いと思うので、無理せずに長期にわたって持続できる方法が健康を改善するには必要不可欠なファクターになります。

そいった点でカルピスが発見した年齢ペプチドはとても画期的な健康成分だと言えるでしょう。

毎日決まった量服用するだけで血管の内皮細胞を刺激して一酸化窒素を増やし血管を若返らせてしなやかにする力があるので動脈硬化の予防や無理なく血圧を下げる効果が期待できます。耐糖能異常を改善するには